【その他データ集】 ※青字の選手は1968年以降の成績。データ不足のため参考値扱いとする。

現役 2017/12/31現在

【タイ・ブレーク勝率】
精神力を必要とするタイ・ブレーク。この数値が高ければ、強さの印象も強烈である。
フェデラー 65.00%
アッシュ64.26%
ジョコビッチ 63.74%
1ゴメス63.54%
ニューカム63.28%
マレー 63.16%
2サンプラス62.84%
イズナー 62.24%
3ロディック62.17%
4マッケンロー61.64%
ラオニッチ 61.38%
ナダル 60.73%
5レンドル60.45%
6ナルバンディアン60.09%
7エドバーグ60.00%
キリオス 60.00%
8ムスター59.71%
9ベッカー59.65%
10F・ゴンザレス59.14%
11シュティッヒ 59.01%
12リオス58.93%
13クーリエ58.92%
13ラウル・ラミレス58.55%
モンフィス 58.39%
14パナッタ58.39%
トム・オッカー58.21%
15コナーズ58.18%
16ブルゲラ58.11%
17エドモンドソン58.00%


1990年全仏覇者アンドレス・ゴメスサンプラスを抑えて1位である。
ゴメスってそんなに強かったのか?
ゴメスが優勝した1990年の全仏は、レンドルがウィンブルドンに照準を合わせるために欠場、
ビランデルも欠場という状態で開催された。
しかも一回戦で、第1シードエドバーグと第2シードベッカーが相次いで敗れるという波乱の幕開け。
結局決勝は第3シードアガシと第4シードゴメスの顔合わせとなったわけだが、
どちらかといえば、強かったからゴメスが勝ったというよりも、
本命のいない間に、隙をついて優勝してしまったというような印象だった。
実に15年を経た今、ゴメスに謝罪したい気分だ。

       
本命サンプラスは2位。他、ロディック、マッケンロー、レンドル、ナルバンディアン、エドバーグが60%に達している。

その他では、ベッカー、シュティッヒのようにサーブに自信があり、リターンも優れている選手や
ムスター、リオス、クーリエといったNo.1経験者が続いている。

 
現役ではフェデラーが驚異の65%を記録している。
イズナーが相変わらず高いところにいる。
また、今回初エントリーのキリオスがランク入りを果たした。



【連勝記録】
名前連勝記録達成年
ビラス461977
レンドル441982
ジョコビッチ432011
マッケンロー421984
ボルグ411980
フェデラー412007
ムスター351995
ナダル322008
コナーズ301978
サンプラス291994
クレルク281981
マレー282017
アガシ261995
ナスターゼ251973
クーリエ251992

     
ATPツアーでの連勝記録。
1位ビラスと6位ムスターはクレーコートでのみ樹立した記録。
別にボルグには35連勝、レンドルには31連勝がある。いずれも複数コートにまたがっての記録なので凄い。

2007年、現役フェデラービラスの記録更新に挑んだが、残念ながら達成はならなかった。
フェデラーは2005年にも35連勝を達成している。
そして2011年、年初からすっ飛ばしたジョコビッチが更にビラスまであと一歩
というところまで迫ったがこれも残念ながら達成はならなかった。

※連勝記録は、集計方法や参考にするデータによっていくつか別の記録も存在しうる。
 当サイトでは以前にブログ内で考察を行っているので興味のある方は参照されたい。
 ・1)【ボルグの連勝記録について】(2007/3/5)
 ・2)【ビラスの連勝記録について】(2007/3/6)


《フェデラーの前人未到の記録》

2003年から2005年にかけて、フェデラー決勝で24連勝という前人未到の記録を打ち立てた。
それ以前の記録はボルグマッケンローによる12連勝だったから、驚くべき大幅な記録更新となった。
フェデラー自身でも今後これに迫るのは至難の業だといえるだろう。
参考までに2005年から2006年にかけてナダルが14連勝を達成している。今のところ2位の記録ではないだろうか。



【コート別連勝記録】

《ハードコート》
名前連勝記録達成年
1フェデラー562006
2フェデラー362007
3ジョコビッチ352011
4サンプラス341994
 サンプラス341997
6レンドル311986

 
2006年に記録を作っているフェデラーだが、2006-07年にかけて2位の記録も作っている。
2011年にはジョコビッチサンプラスの2つの記録を抜いて3位にランクインを果たした。

2009年から現役選手に関してはアウトドアハードとインドアハードを区別した集計を行っているが、
連勝記録はあくまでもコート別で語られるのが一般的であるため、ここではインドアハードも含めた数字となっている。


《クレーコート》
名前連勝記録達成年
1ナダル812007
2ビラス531977
3ボルグ461979
4ムスター401995
5ナスターゼ381973
5ムスター381996


 
ナダルの連勝記録は81にまで達した。
コート別の連勝記録としても最高の数字となった。

《グラスコート》
名前連勝記録達成年
1フェデラー652008
2ボルグ411981
3マッケンロー231982
3サンプラス231996
3サンプラス232000
6コナーズ221983

 
グラスコートは大会数が少ないため更新に時間がかかる。
フェデラーは6年がかりでこの記録を更新することに成功した。


《カーペットコート》
名前連勝記録達成年
1レンドル661983
2マッケンロー651985
3レンドル311986
4コナーズ251974
5マッケンロー241978

 
カーペットの大会は更に数が減っているだけに
今後更新の可能性は低い。

※カーペット連勝記録についても別の記録があるようで
 それについての考察も過去にブログ内で行っている。
 ・【カーペット連勝について】(2007/5/17)
  (ナダルのローマ優勝を取り上げた際の付属記事です)

2009年から現役選手に関してはカーペットとインドアハードを合わせた集計を行っているが、
連勝記録はあくまでもコート別で語られるのが一般的であるため、ここではインドアハードは含めない。




【ランキング1位在位週】
フェデラー302週
サンプラス286週
レンドル270週
コナーズ268週
ジョコビッチ223週
マッケンロー170週
*ナダル160週
ボルグ109週
アガシ101週
ヒューイット80週
エドバーグ72週
クーリエ58週
クエルテン43週
マレー41週
ナスターゼ40週
ビランデル20週
ロディック13週
ベッカー12週
サフィン9週
フェレーロ8週
ニューカム8週
カフェルニコフ6週
ムスター6週
リオス6週
モヤ2週
ラフター1週
* 2017/12/31現在継続中

       
上位陣の150週超というのは素晴らしい。並大抵の記録ではないだろう。
ただ、サンプラスの記録については、同時代の他の選手たちの不甲斐なさも指摘しておきたい。
他の選手たちは、サンプラスがあまりに強くて歯が立たなかったというよりも、
サンプラスと当たる以前に手軽にボコボコ負けていた感じで、
誰が勝ち上がるのかはその時の調子によって決まるという状態だった。
その中でもしっかり勝ってたサンプラスはやはり凄いということになるのだが、
2位、3位争いを誰がやってるのかわからないという、テニス界全体としては、かなりお粗末な状態だったのも事実だろう。
少なくともコナーズレンドル時代には2位、3位の選手というのが存在していた。
もっとも、サンプラスは誰が相手でも勝てるテニスをしていたので、
仮に2位、3位の選手がしっかりいたとしてもサンプラス本人のキャリアには揺るぎはなかっただろうが。

この中で1年間通じてNo.1をキープし続けたことのある選手は以下のようになっている。
コナーズ(3回)、レンドル(2回)、サンプラス(2回)、ヒューイット(1回)、フェデラー(3回)、ジョコビッチ(1回)

戻る


このページに対するご意見等は まで。