【生涯成績】

《勝率70%以上。現役はランキングにカウントせず》
名前勝利敗戦勝率
*ナダル 918 189 82.93%
*ジョコビッチ 836 175 82.69%
1ボルグ61012982.54%
*フェデラー 1180 260 81.94%
2レンドル107123981.76%
3コナーズ124427981.68%
4マッケンロー87620081.41%
5レーバー47011780.07%
*マレー 662 189 77.79%
6サンプラス76222277.44%
7ベッカー71321476.91%
8ビラス92328476.47%
9アガシ87027476.05%
10ローズウォール50516275.71%
11ニューカム44714875.13%
12アッシュ63921375.00%
13エドバーグ80627074.91%
14ケント・カールソン1605474.77%
15ロディック61221374.18%
16ナスターゼ75328872.33%
17オランテス64724872.29%
18ビランデル57122272.01%
*デル・ポトロ 431 169 71.83%
19クレルク37514871.70%
20スタン・スミス64826670.90%
21トム・オッカー52121770.60%
22ヒューイット61626270.16%

* 現役 2018/12/31現在
 青字の選手は1968年以降の成績。

生涯勝率80%を超えている選手はわずか5人しかいない。

《1位ボルグ:82.54%》

ボルグは、まだ全盛期ともいえる時期に引退したこともあり、
勝率が高いのもうなずける。しかし、それにしても見事な数字である。

《2位レンドル:81.76%》
《4位マッケンロー:81.41%》

 
レンドルマッケンロー共にさすがの数値。
1980年代前半はマッケンロー、後半はレンドルの時代といえる。
この二人、年齢が1歳しか違わないという点に注目だ。
マッケンローはより早くから活躍した選手、
レンドルはより息の長い選手だったといえるだろう。

《3位コナーズ:81.68%》

そしてここでは、3位のコナーズが一番の注目選手である。
コナーズは、ランキング1位の座から滑り降りてから実に10年にもわたって現役生活を続けていた。
それも含めてこの数値というのは素晴らしい。
もしもコナーズボルグのように全盛期に引退していたなら、
いったいどのような結果になったのだろうか?

《5位レーバー:80.07%》

レーバーはATPランキング導入以前から活躍している歴史的な選手といえる。
コナーズ以前に、始めてテニスにハードヒットの概念を持ち込んだ選手といわれ、
2度の年間グランドスラムという伝説的な偉業を成し遂げている。
1968年以降に限定された不完全な数字とはいえ、80%を超える勝率は見事といえる。
しかもこの時レーバーは既に30歳を超えていた。
もしも全キャリア成績が明るみに出たとしたらとんでもない数字になることであろう。


《その他》

本命と思われたサンプラス(77.44%)が意外と伸びてないのが印象的だ。
パーセントでも80に3%も足りないので、上位とはかなり差があるように感じる。
とはいっても6位なのだから充分凄いのだが。
サンプラスは早いラウンドで下位選手に取りこぼすことが結構あったから、
生涯成績としては順当な位置といえるのかもしれない。
サンプラスが猛威を振るった90年代は、
ランク100位の選手でもトップの選手に勝てると言われるほど、
上下の実力差が拮抗していた時代であった。

それ以下もほぼ予想にたがわぬ顔ぶれと言えるだろう。
グランドスラムの優勝回数が多く、かつ、
ランキングのトップ争いを長い期間続けていた選手がずらりと続いている。


例外は14位に入っているケント・カールソンという選手。
トップ10経験者ではあるが、大きな大会での勝利はなく、試合数も他の選手と比べて非常に少ない。
総勝利数は僅かに「160」だが、このうち実に「154」がクレーコートという、
完全なクレー職人として異質のキャリアを築き上げた選手であった。

18位にランクインしているクレルクも、カールソンほど極端ではないものの、
同じ系統のクレー職人であったといえる。

《現役》
>
ナダルボルグジョコビッチを抜いて暫定1位の座に返り咲いている。
2018年のナダルは試合数こそ少なかったが勝率は9割を超えている。

 
ジョコビッチフェデラーも非常に高い数字をキープしている。


ほとんど出場の無かったマレーは順位変わらず。

その他現役の詳細は【フェデラー最強説】を参照のこと。



《生涯勝利数ランキング(600以上)》
1コナーズ1244
2フェデラー1180
3レンドル1071
4ビラス923
5ナダル918
6マッケンロー876
7アガシ870
9ジョコビッチ836
8エドバーグ806
10サンプラス762
11ナスターゼ753
12D・フェレール726
13ベッカー713
14ゴットフリード677
15チャン662
 マレー662
17スタン・スミス648
18オランテス647
19アッシュ639
20ベルディフ627
21ムスター622
22ヒューイット615
23ロディック612
24ボルグ610
25カフェルニコフ609
     
1000勝を達成しているのは3人のみ。この記録はそうおいそれと達成できるものではない。
フェデラーは、まさかと思われたコナーズの記録にすら迫っている。
もっともまだ差は大きく、あと1年での達成は難しいだろう。

ランク外の選手ではローズウォールの成績が気になる。
このサイトで扱っているデータは1968年以降のものだが、その時既にローズウォールは34歳で
通常の選手であれば引退していてもおかしくない年齢になっていた。
そしてそこから505勝をあげている。
もしも全データが判明したら一体どこまで数字を伸ばしてくるのだろうか。
因みに表は600勝以上だが、イバニセビッチが599勝で僅か1足りなかった。

ナダルマッケンローをかわして5位に入っている。歴代5人の900勝メンバー入りだ。
ジョコビッチも800勝を達成した。レジェンドクラスを次々と追い抜きにかかっている。

思わぬ足踏みのマレーはほとんど数字を上げられず、
来年での引退を表明したD・フェレールが現役ではより上に位置している。


《優勝回数ランキング(30以上)》
1コナーズ109
2フェデラー99
3レンドル94
4ナダル80
5マッケンロー77
6ジョコビッチ72
7サンプラス64
8ボルグ62
 ビラス62
9アガシ60
11ナスターゼ57
12ベッカー49
13レーバー47
14マレー45
15ムスター44
16エドバーグ42
17スタン・スミス35
18チャン34
19アッシュ33
 オランテス33
 ビランデル33
22ロディック32
23ニューカム31
 トム・オッカー31
25ヒューイット30
 
勝利数ではトップ10に入っていないボルグが優勝数では6位タイと大健闘。
勝率が高かったことを納得させるデータだ。
11位のレーバーは、1968年以前にも多くのタイトルを獲得しており、一説には200近いとも言われる。


《現役選手》

フェデラーが100の大台まであと1つに迫っている。
コナーズまでは10の開きがあり、現在どんなに好調でも年間4〜5勝が限度となっていることから
この更新は少々厳しいチャレンジのように思えるのだが、果たしてどうだろうか。

※現役選手データの詳細は【フェデラー最強説】を参照。

戻る


このページに対するご意見等は まで。